中野区の保育求人の現状や探し方について

中野区は保育園から病児保育室、学童保育所など様々な保育施設がある地域です。そのため、保育関係の仕事を探す場合は、比較的求人も見つけやすい地域と言えます。しかし、もっと具体的に保育に関する情報が知りたい方のために、今の保育求人の現状について詳しく説明していきます。

また、求人を探す場合はどういった方法があるのかも合わせて紹介していきます。

中野区が募集している保育の求人の種類

中野区にある保育求人の種類は、公立や私立などの保育園や病気の子どもを預かる病児保育室、病院で働く看護師の子どもなどを預かる院内保育があります。また、学童保育所やベビーシッター、児童厚生施設など中野区の保育求人は様々あります。

保育関係の施設の数についても東京23区と比べてそれなりに多いので、中野区で保育関係の仕事をしたいと考えているなら、仕事は探しやすいといえます。ただし、時期によっては求人の数に違いがあるので、同じような数の求人が1年中あるわけではありません。

中野区は保育士の数が足りない?

中野区に限らずに、全国的に保育士が不足しているのが現状です。その主な理由は「給料が低い」「仕事量が多い」「人間関係」「責任の重さ」の4つで、「給料が低い」は、他の職業と比べても、保育士の給与は少ない傾向にあります。

長く働いていても昇給があまりなく、収入が増えないので保育士の仕事を辞めて他の業種へ転職してしまう人もいます。「仕事量が多い」とは、基本的に子供の面倒を見るのが仕事ですが、実際はそれ以外にも連絡帳の記入や保護者への対応、子供たちが遊ぶための小道具の製作など、多くの業務をこなす必要があります。

そのため、残業が多くなってしまい、仕事がきつくなり保育士を辞めてしまう人もいます。「人間関係」とは、保育関係に限らずに、どの業界の職場でも人間関係が良い所と悪い所があり、保育関係の職場が突出して悪いわけではありませんが、人間関係が悪い施設だと辞めてしまう人もいるでしょう。

「責任の重さ」とは、他人の子供の命を預かっている保育士は、その責任も重くなります。楽しく遊ばせると同時に怪我をさせないようにする必要があり、常に注意しないといけません。このように保育士が足りない原因はいくつかありますが、決定的なのが保育士の資格を持っているのに、保育士として働いていない人が多くいることです。

厚生労働省が平成24年に調べたデータによると、保育士の資格を有している人のほぼ半数が平均勤続年数5年未満となっていて、早期に離職してしまう人が多くいるようです。また、保育士の資格を持っているのに、保育士として働いていない人が全体の約50%にも及び、潜在的な保育士がかなりの数になっています。

しかし、厚生労働省も対策をしていて、保育士の試験を年1回から2回に増やしたり、平成29年度から保育士の給与を6,000円アップさせたりと様々な対策をするようになりました。

そのため、今後は慢性的な保育士不足を解消できるようになっていくでしょう。

中野区の保育の求人をハローワークで探す

ハローワークとは、国が運営をしている国営の機関で「公共職業安定所」と呼ばれています。簡単に言えば国が主導をして様々な業種の求人を扱い、企業と求職者を結びつける役割をしています。しかも扱っている求人は、主要都市から地方まで日本全国に及ぶため、中野区の求人も多く扱っている求人サイトです。

また、ハローワークでは、求人情報の提供だけではなく様々なサポートも行っています。例えば、窓口では求職者の特性を把握し、その人物に合った求人を紹介してくれたり、採用されるにはどうしたらいいのかアドバイスもしてくれたりします。

転職できるのか新しい職場で働けるのかなど、不安を解消できるようなセミナーも開催しています。求人サイトなどに求人を掲載する場合、通常、企業側は求人サイトに掲載料を支払う必要がありますが、ハローワークでは無料で求人を載せることが可能です。

費用が発生しないので、多くの企業がハローワークに求人を掲載するようになるため、ハローワークにある求人の数はかなり多くなります。もし、多くの求人の中から保育の求人を探したいのであれば、ハローワークを利用するのもひとつの方法です。

中野区の保育の求人を求人サイトで探す

求人サイトとはハローワークと似ていますが、民間企業が運営をしている求人サイトのことを言います。こういった求人サイトはかなりの数があり、様々な業種を扱っている求人サイトからひとつの業種に特化している求人サイトまで、その種類は豊富です。

もちろん保育関係に特化している求人サイトもあるので、保育の求人を探すなら保育専門の求人サイトを利用するのもいいでしょう。ただし、ハローワークと違って、転職活動などは基本的に自分自身で行う必要があります。

求人サイトにある求人をチェックして、気になる求人があったら自分で応募します。また、履歴書などの書類を書いたり面接対策をしたりするのも、自分で行わなければいけません。求人サイトは自分のペースで求人を探したい人に向いているので、転職活動のサポートが必要ない方におすすめです。

また、扱っている求人は全国を対称にしているサイトから、都心を中心に扱っているサイトまで様々ありますが、どの求人サイトも東京の求人はほぼ扱っているので、中野区で保育求人を探しているなら、どの求人サイトを利用しても問題ないでしょう。

利用方法についても無料の会員登録をして、後は求人をチェックするだけなので手軽に始めることができます。

中野区の保育の求人を転職エージェントで探す

転職エージェントとは、ハローワークや通常の求人サイトと違って、転職が成功するまで細かくサポートしてくれるのが特徴のサイトです。対応している地域も全国を対象にしているサイトから、一部の都心部を中心にしているサイトまで様々ありますが、中野区であればどの転職エージェントでも基本的に求人を扱っています。

また、求人サイトと同じように様々な業種を扱っていたり、業種に特化していたりと転職エージェントのサイトによって違いがあります。サポート内容としては、転職をサポートしてくれるコンサルタントが希望する求人の情報をヒアリングして、その希望に沿った求人を代わりに探してくれます。

例えば、「中野区にある保育園で休みがしっかり取れる求人を探したい」など、具体的な条件を提示します。また、求人の検索だけでなく、履歴書等の書き方のアドバイスや面接での対応、職場体験など転職に関わる様々なことを支援してくれるのが特徴です。

しかも基本的に転職エージェントは無料で利用できるので、転職活動に慣れていなくて不安があるなら、転職エージェントはおすすめです。