開催にあたり

麺類業界の専門展示会「2016麺産業展」を、平成28年4月13日(水)~15日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催いたします。
 これまで「そば・うどん業界」は、そのマーケット規模に対しガリバーとなる大手チェーンがなく、外食業界において「めん類の残された最後の巨大マーケット」と言われた時代がありました。しかし、讃岐うどんブームを巻き起こしたチェーン店、自家製麺を売りにした業態が表れるなど、市場形態は変化しております。
 一方、外食産業市場規模推計の推移によると、外食産業全体では、平成9年をピークに平成23年には、ピーク時の8割近くまで落ち込みました。その後は、緩やかな回復傾向にあります。そのような中、「そば・うどん店」の市場規模は堅調で、平成26年の売上高も過去最大でありました。「そば・うどん」は日本人に定着し、求められる食文化といえます。
 近年の来日外国人観光客の増加、和食のユネスコ無形文化遺産登録等、ますます日本の食文化が注目される今、この需要を逃さず、いかに取り込んでいくか。研鑽を重ね、伝統ある「そば・うどん店」として個店ならではの付加価値提供を創造し、厳しい市場で勝ち残らなければなりません。
 「めんは元気な健康食」をテーマに麺類飲食業界の振興発展を目指します。安全・安心、おいしい食の提供を通じ、お客様に求められ、選んでいただける麺類飲食店になるためにも、最新情報・製品・技術など、飲食業界の営業に役立つ情報収集の場、研鑽の場として「2016麺産業展」をご活用いただければ幸いです。
 今回は、ファベックス2016、デザート・スイーツ&ドリンク展、食品&飲料OEMマッチングEXPO、ワイン&グルメ2016、2016食肉産業展、ハラールマーケットフェア2016と同時開催いたします。

来場する方々にとっても様々な情報を収集することが出来る魅力あふれる食の総合展示会として開催します。皆様のご来場をお待ちしております。



平成28年2月吉日

麺産業展実行委員会
実行委員長 鵜飼 良平

一般社団法人 日本麺類業団体連合会
全国麺類生活衛生同業組合連合会
東京都麺類協同組合
東京都麺類生活衛生同業組合